このページは、かなちんのマイミクと、かなちんの友達のためのページです。

おしながき

世の中では女性の性が軽く見られている

世の中の性に関わるニュースを見ると「被害者も悪い」と言われる「被害者落ち度論」がまかり通る変な世の中。この世の中を変えたい、だから、わたしは、ジェンダーの不平等問題を可視化した、ラディカル・フェミニズムの立場で活動しています。

(注:わたしの立場とは、ラディカルフェミニズム理論のうち、キャサリン・マッキノンさん、アンドレア・ドヴォーキンさんの唱える「セクシャリティがジェンダーの不平等によって起きている」と考える立場になります。)

今思うこととして、いまの世の中って「女性の性が軽く見られる文化が背景にある」と肌で感じる毎日です。ネット、テレビ、アニメ、音楽、いろいろなメディアの、まちがった性表現や、性の価値観が溢れかえっているけれど、わたしは、何かを傷つけるような性表現はぜったい良くないっておもってます。 わたしは性は魂だと思います。女性の魂は軽いもんじゃない、魂とは人権そのものだと思います。

もちろん、今の世の中は男性はとても生きにくいです。その分、女性はその分楽かもしれない。しかし、女の子は、楽の裏には大きな犠牲を強いられています。わたしは、そういった社会的性差(ジェンダー)を根絶(フリー)にしたい。

そして、何より「性暴力をなくしたい」。それがわたしの願いです。 女の権利とか、社会的性差を無くすことは、わたしたちが自分の手で勝ち取るものです。 =それは、わたしの一生を捧げる価値があると思います。

「人の権利は、享受されるもの」(=生まれながらにして得ることはできず、ひとつひとつ積み重ねられた問題を理解して、はじめて得られるもの)です☆。

バッキー事件(2003年12月)以来、ポルノ被害問題を主にセクシャリティに関わる人権問題などに取り組んでます。あれから5年もたってしまいました。 

Take Action

今は、

  1. 着エロなどの子どもポルノ問題
  2. 性的盗撮問題(盗撮禁止法を目指すために)
  3. 性暴力ゲーム問題(レイプレイなど)
  4. 暴力AV問題(2度とバッキー事件が起きないように)
  5. セクシャルマイノリティに対するヘイトスピーチ問題

などがメイン。

Base Camp 活動拠点

わたしの活動拠点は、

です。きっとどこかに居ますよん☆。
お会いできますこと、楽しみにしています。

あなたは、誰のために活動をしていますか?

  • わたしは組織のために活動をするのではありません。
  • わたしは自己満足のために活動をするのではありません。
  • わたしは性差別と性暴力を無くしたい。世界を少しでも変えていきたい。だから社会に新しい風を吹かる活動をしています。 みなさんは、だれのために活動をしていますか?

個人的なこと

お気に入りリスト

お勉強関係

オシャレ関係

毎日のケア

  • Direction

消耗品

その他

MSDN | ANDROID | APPLE-DEV

Counter: 179636, today: 1, yesterday: 3

添付ファイル: filekana3.jpg 1355件 [詳細] filephoto2.jpg 1413件 [詳細] filephoto.jpg 1598件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS